フランス語受講生からのメッセージ


受講生からのメッセージ(18) ★留学を通じて思うこと

今回のインタビューは、現在高校3年生でスイスへの留学経験を持つ清水美名さんに伺いました。

 

1)留学をしたきっかけは何でしょうか?どこの国へどれくらいの期間行っていましたか?

 留学したきっかけは、母に短期留学に行くように勧められて、スイスに3週間行きました。カルチャーショックを受けました。また、その後2年スイスに短期留学に行くことを決めました。
 

2)留学の経験について詳しく教えていただけますか?

 留学生活で、ルームメイトは中国人、隣にはフランス人やスペイン人が住んでいました。授業は全て、フランス語の授業も含めて、英語で行われていました。

 

3)留学先の学校ではどんな人たちと一緒に学んでいましたか?その人たちとフランス語の習得レベルの違いはありましたか?

  同じクラスには、スペイン人とポルトガル人の子達が多くて、フランス語の文法などは同じぐらいついて行くことができましたが、他の子達の方が習得が速かったし上手でした。

 

4)学校では1週間に何時間ぐらいフランス語を勉強しましたか?勉強内容も聞かせてください。

 1週間に5時間やっていました。主に文法が中心でたまに映画を見たり、リスニングをしたりしていました。

 

5)留学した学校では発音の授業がありましたか?

 発音の授業は初めに少しだけありました。

 

6)フランス語の発音は大事だと思いますか?またその理由は?

 大事だと思います。やはり発音がしっかりできないと、会話が通じにくいです。

 

7)日本に帰国した今、留学して良かったと思いますか?またその理由も合わせて教えてください。

 留学してよかったと思います。色々な国の人と会えてその国の文化などを学べましたことが良かったと思います。

 

8)現在、フランス語の勉強を続けていますが、特にフランス語の発音に対してどんな考えを持っていますか?

 大人になって、会社とかでフランス語を話す人とコミュニケーションを取れるようになりたいので、発音はスムーズにコミュニケーションを取れるようになるために正確にして行きたいと思います。

 

9)今現在、トリリンガルであることは将来的に何をもたらすと考えますか?また、マルチリンガルになる必要性などは感じますか?

 今はグローバルな世界なので、色々な人たちと関わる事はすごく大切だと思います。色々な言葉を学ぶことで、その国々の文化や環境などを学べます。

英語を話せると将来社会なので、色々な人と交渉ができますが、それに加えて例えばフランス語が話せて相手がフランス人だったらより良いコミュニケーションが取れると思いますので、私は色々な言語を学びたいと思います。

 

留学を通じて多言語の必要性や外国語を話せることで広がる世界を体験したようですね♪
美名さん、これからも継続してレベルアップをして行きましょう!
インタビューにご協力いただきありがとうございました。

 


受講生からのメッセージ(17) ★フランス語で歌うために

今回のインタビューは、声楽を学びコンサートなど活動もしている近藤直子さんに伺いました。

 

1)フランス語を習い始めた理由は何ですか?

 声楽の勉強、演奏のため。

 

2)マルタン式フランス語講座を受講した感想をお聞かせ下さい。

 ひとつひとつの音節を、丁寧に確実に身につけるためのレッスンは、歌をうたう私には大変大事な、とても有意義なレッスンです。いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

 

3)フランス語を同じように学んでいる受講生のみなさんへ、アドバイスや良い勉強法を聞かせて下さい。

  マルタン先生の元で、マルタン先生がなさるメソッドで勉強しなければ、フランス語を勉強したとは言えない事でしょう!

 

 

4)マルタン先生や教室にご意見・ご要望などありましたらお願いします。

 これからもお元気で。私のフランス語をきたえて下さいませ。
ご指導の程どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

近藤さんはいつも真摯な姿勢でフランス語の発音を学んでいらっしゃいます。
コメントいただきありがとうございました。

 


受講生からのメッセージ(16) ★幼児にフランス語を学ばせること

今回はお子さんとフランスへ移住した松山さんに、子供にフランス語を学ばせることについて色々と質問しました。

 

1)なぜお子さんにフランス語を習い始めさせたのでしょうか?

 息子(4歳)が4月から、娘(3歳)が9月から、フランスの幼稚園に入ることが決まったため、通わせる前に少しでもフランス語に慣れさせたいと思い、日本へ一時帰国することが良い機会だったので。

 

2)3歳と4歳のお子さんが通っていますが、レッスン前のお子さんの気分はどんな感じですか?

 二人とも行くことを楽しみにしています。  フランスで住んでいる家の近くには公園が沢山あります。雨が降っていなければ、子供達は学校帰りに公園で遊ぶのが日課です。公園では言葉は通じませんが現地の子達とのコミュニケーションも見られます。ですので、少しでもフランス語を覚えられると子供達も嬉しいようです。

 

3)ふつう当教室では、子供クラスに保護者の方は参観しません。しかし今回はお子さんがまだ小さいこともあり、お母さんも側で見ています。クラスの様子を見て質問にお答え下さい。

 

a. レッスン時のお子さんの様子は?

 普段と違い少し緊張している姿が見られます。普段より静かに見えますが、レッスンで先生に誉められると子供達の嬉しそうな顔が見れます。

 

b. お子さんへのアプローチ方法に付いてどう思われましたか?

 子供があきないように先生が工夫してくださるので、子供は集中してレッスンを受けられていると思います。

 

c. 小さな子供に対しての1時間のレッスンをどうお考えですか?

 子供の性格もあると思いますが、先生が集中出来るように子供と寄り添った気持ちでレッスンしてくれるので、子供も集中出来ていると思います。

 

d. お子さんの上達速度をどう感じていますか?

 どちらとも言えませんが、二人の子を見ていると娘の方がお兄ちゃんのすることを見ていて覚えるのが早いです。

 

e. 幼い時から外国語を学ぶことについてどう思っていますか?

 親として時間や経済的に余裕があるのなら是非勉強することに賛成です。小さければ小さい程覚えるのが単純で早い気がします。

 

4)現地ではどうやってフランス語を学ばせていますか?

 昨年(2015年)の8月にフランスに行き、慣れるのに精一杯でしたが、今年の4月から子供も週一で現地のフランス語教室を習おうと考えています。普段はフランス語のカルタのようなもので遊びながら勉強するようにしています。  勉強というよりも慣れさせるように、フランス語を楽しんで覚えて欲しいなと思っています。

 

5)公園などで遊ぶとき、フランス人の子供たちと一緒に遊んでいますか?言語の壁はありますか?

 日本人の子供がいると固まって遊んでいますが、そうでない時は現地の子と一緒に遊んでいる事があります。言葉は通じませんが仲良く遊んでいる姿が見られます。おもちゃをシェアしたり、年上のフランス人の子がいると、小さい子の面倒を見てくれたりします。フランスの良い国民性が見られます。

 

6)フランスの幼稚園に入りますが、日本でレッスンを受けたことをどう感じていますか?

 先生がネイティブ・フランス人であることに大きな意味があると思います。レッスンを受けたことは子供の自信に繋がると信じています。

 

7)フランスに移住した訳ですが、原語に対する必要性はどれくらい感じていますか?

 日本人幼稚園に二人とも通っていて、楽しんで通っているのでこのまま通わせても問題はないのですが、せっかくフランスにいる、世界観を広げるチャンス、フランスの文化に子供と一緒に触れる良い機会なので、言葉の通じない不安も沢山ありますが、子供を現地校に通わせて一緒に頑張ってフランス語を覚えようと思っています。現地校に通うからには、コミュニケーションを現地の人達とどうしてもとらなくてはならないので、言語を必死に覚えなくてはならないと思います。 

 

8)日本に帰国後もフランス語を学ばせたいと考えていますか?

 ずっと続けたいです。時間と経済的に余裕があればマルタン先生の所でフランス語を続けさせたいです。

 

松山さんのお子さんに対する熱心さが伝わって来ました!コメントいただきありがとうございます。

 


受講生からのメッセージ(15) ★シャンソンで楽しみながら気楽にお勉強

今回はシャンソンが大好きな井上さんにインタビューしました。

 

シャンソンとの出会い

昔幼いころ、中原みさ緒という歌手の「河は呼んでいる」が、私とシャンソンとの出会い。

高校時代になるとシルビー・バルタンの「アイドルを探せ」、フランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」などが中尾ミエらによってカバーされ、遂にバルタンのレコードを買いました。もちろんフランス語など全く読めませんでしたが、「プ・アレ・ドンセ」だけは耳に残りました。

私の場合、英語は中学時代、ビートルズから学びました。「Fall in love」などというフレーズを覚え「ああ、恋に落ちる」はこう言うのだと…なぞと。これと同じでドロンやギャバンやフランシス・レイの「フランス語」もシャンソンから学べるのでは…と考え始めました。

 

教室との出会い

そんな折、息子から甲府にフランス人の先生がいらっしゃると聞き、シャンソンでフランス語を学ばせて欲しい…とお願いしたところ、何とその先生も、セミプロのシャンソンの歌い手だったのです。何という幸運。

そんな訳で、現在あらゆる種類のシャンソンを、先生のご教授のもと、学んでいます。私の場合、上手く歌おうというよりは、そのシャンソンの歌詞の内容を知りたいというのが第一目的です。

 

レッスンの流れ

(1)その歌詞を日本語にほどいていく。その過程で、文法・熟語・言い回しなどが学べます。文法などと言っても高尚な意味合いではなく、幼児が耳で口まねで覚える文法。「理解」ではなく「慣れ」…となります。

(2)歌うにあたって、当然のこととして「発音」も学びます。そのシャンソンの歌い手が発音の第一先生、そしてマルタン先生が監修先生。ただただ「口まね・音まね」の連続。しかしメロディーが付いているのですから、そこそこには、原音に近い音が出来るようになります。なんと言っても、本家本元のシャンソンを専属家庭教師付きで手直し・監修されるのですから、愉しいのなんの。

 

こんな流れで一曲をクリアーしていきます。調子外れなどなんのその。望まれるのは「発音」。おさらいは、バーチャルのオランピア劇場で、バーチャルの満員観衆の前に立ち、モンタンにピアフにムスタキになった「つもり」で、先生ひとりを前にして、調子外れを披露します。この「リサイタル」になかなかOKを貰えないのが玉に傷ですが。

 

将来の願い

私の場合、好きなシャンソンで、文法・発音を自然に学ぶ…という「気楽な方法」で、フランス語に近づけていけたら嬉しい…と思っています。ゆくゆくはフランス映画を字幕を見ずして、FM放送から流れるシャンソンを、少々理解出来たら楽しいだろうと。もっと望むと、ある夜夢に登場の見知らぬフランス人が、日本語吹き替えではなく原語で喋ってくれたりしたら…と。

 

楽しさの伝わるコメントをありがとうございました。井上さんの望みが叶うようにしっかりシャンソンを聴きましょうね♪

 


受講生からのメッセージ(14) ★フランスの空気感、雰囲気に魅せられて

今回はフランスの音楽アカデミーで学ぶことになった和田さんにインタビューしました。

 

フランス語を習い始めた(または習い続けている)理由は何ですか?

私はピアニストとして、作曲家シリーズのリサイタルを行っています。第三回の今年はフランスの作曲家ラヴェルの生誕140周年を記念としてのコンサートのために勉強しています。ラヴェルのことをより深く知るため、昨年初めてフランスを訪れました。

パリやラヴェルが晩年過ごしたモンフォール・ラモリの家、ジヴェルニーのモネの家なども行き、フランスの空気感、雰囲気などに不思議な魅力を感じました。再度フランスに行きたいという強い願いが叶い、パリでのコンクールに出場する機会や、来年は南フランスでの音楽アカデミーでの勉強の機会にも恵まれました。

フランスとの縁を感じ、少しでもフランス語を理解したり話したいと思い、フランス語の勉強も始めました。

 

マルタン式フランス語講座を受講した感想をお願いします。

フランス語は音から出来ているということで、とにかく発音の細かいところまでを丁寧に教えて下さる事です。講座のその時間だけでなく、家でも復習出来るような録音の工夫もあり、素晴らしいと思いました。とにかく徹底的に基礎を教えて下さる所です。

 

フランス語を同じように学んでいる受講生の皆さんへ、アドバイスや良い勉強法を聞かせて下さい。

とにかく、たくさん正しい発音を聞くことが大切だと思います。毎日5分でも聞く時間を作れるように私も心がけています。 単語など覚えることがたくさんあります。特に女性名詞、男性名詞など日本語にはないプラスαを覚えなくてはならないので、私は女性名詞は赤い線で囲んだり、男性名詞は青い線で囲んだりして、書いて覚えるようにしています。

 

マルタン先生や教室に、ご意見・ご要望などありましたらお願いします。

マルタン先生のところで習っている良いところとして、先生が最初にレッスンに行った時、『フランス語は、習いたいと思ったら、歳は関係なく、何歳でも出来ます!100歳でも大丈夫』と言ってくださったことがとても印象的で、マルタン先生の積極的な姿勢で難しいフランス語を頑張って習っていこうと思いました。

 

和田さん丁寧にお答えいただきありがとうございました。フランスアカデミーでの日々が素敵なものとなりますように。

 


受講生からのメッセージ(13) ★フランス語圏で暮らすことになった息子のため

一年前にフランス語圏へ家族で移住したとき2歳になるお子さんが苦労したのは言葉でした。お母さんにインタビューに答えて頂きました。

 

フランス語を習い始めた(または習い続けている)理由は何ですか?

息子は、1歳10ヶ月からフランス語圏に住み始めてフランス語の保育園に通うようになりました。

小さい子供だからとあまり深く考えていませんでしたが、日本語しか話せない息子は小さいからこそ言語の違いなども理解できずなかなか保育園になじめず苦労したみたいです。せっかくフランス語にも慣れた頃に日本に長期に一時帰国する事になり、日本にいる間にも息子をフランス語にふれさせたいと思い受講を始めました。

 

マルタン式フランス語講座を受講した感想をお願いします。

もともと、私も主人もマルタン先生の生徒ですので、先生のお人柄やわかりやすい発音のご指導などは知っており、安心して息子のレッスンも始められました。

息子は受講を始めたのが2才半頃なので、はじめはきちんと座っていられるかな?と不安でしたが年齢や子供の興味に合わせて、絵本や数字ブロック、息子が大好きな車や動物などを使ってフランス語をおしえてくださるので、息子は“今日もマルタン先生のところにいく”と言いだすほどレッスンが楽しいようです。

 

フランス語を同じように学んでいる受講生の皆さんへ、アドバイスや良い勉強法を聞かせて下さい。

小さい頃から、母国語以外の言語にふれると発音や音の聞き分ける力などの身に付き方が大きくなってから言語を始めるのとでは違う様です。

ビデオやテレビを通してフランス語にレッスン以外でもふれる事もとても重要と感じていますが、母国語の習得が親と子供のやり取りから形成されるように、やはり面と向かってコミュニケーションをとりながら楽しくフランス語にふれる事が小さい子が言語習得をする一番重要な点と感じています。たくさん簡単で、質の良いフランス語を聞く事が大切だと思います。

 

マルタン先生や教室に、ご意見・ご要望などありましたらお願いします。

いつも楽しいレッスンをありがとうございます。

 

覚えの早い小さいお子さんだからこそ環境の変化で混乱させたくないですね。楽しんで学んでくれている姿はとても可愛いです!お答え頂きありがとうございました。

 

 


受講生からのメッセージ(12) ★ワインの仕事で家族とパリへ

今回の受講生からのメッセージは、家族全員でフランスへ移住する松山由美さんから頂きました。

 

フランス語を習い始めた(または習い続けている)理由は何ですか?

私の主人はワインを扱う会社メルシャン(株)に努めています。私も昨年まで同じ会社で、勝沼にあるシャトー・メルシャンに勤務していました。

主人と結婚して子供ができるまでは、特に主人と一緒に手料理とワインの時間を楽しんでいました。又、ワインを通じてワイン会など色々な人達と繋がりを持てました。 子供ができてからは、忙しく特に時間に追われる毎日ですが、少し落ち着いたら又、そんな楽しい時間を大切にしたいと思います。

 

私は、現在1歳の娘と3歳の息子がいて、賑やかにしています。主人は、娘が生まれる頃から単身赴任で、今回、1月から念願であったフランスに赴任となった為、主人が離れた中仕事を続けるのが難しくなったというのもあるのですが、やはりワインに携わる者として、フランスにいけるチャンスに懸けてみたく、家族一緒に生活したいという思いから、退社して頑張って(育児、仕事、勉強の両立は困難)フランス語を集中して学ぶことにしました。

 

マルタン式フランス語講座を受講した感想をお願いします。

私は、正直に英語も苦手ですし私みたいな人でも難しいフランス語できるのか心配しています。ホームページの口コミを見て、この講座の見学に来て、実際にアットホームな感じでマルタン先生の第一印象も良くここで学びたいと思いました。

受講してみて、やはりここで受講でき、本当に良かったと感じます。先生は、親しみを持てる明るい人柄で本当に親切丁寧に教えてくださいます。私は、本当0からのスタートで、まだ発音のレッスンの最中です。

 

フランス語は発音が難しいのです。発音ができないとフランス語の会話ができません。先生は、授業中、丁寧に口の形、音の出し方を聞きチェックをしてくださいます。又、宿題もしっかり出ますので、内容の濃い授業になります。先生がフランスの方ですので、実際今からフランスで生活しなくてはならない私にとって、色々とフランスでの生活の話を聞けることもとても助かり頼りになります。又、先生がオーガニックを愛する方で、普段から私も特に食べることを大切にしていますので、そういった食の大切さの話を雑談ですが、たまにお話するのが楽しいです。 何より、温かみがあり親切な先生で、毎回会うのがとっても楽しみです!。

 

フランス語を同じように学んでいる受講生の皆さんへ、アドバイスや良い勉強法を聞かせて下さい。

私は、昨年の12月末くらいから習い始めたばかりですので、アドバイスにはならないかもしれないのですが、 正直、小さな子供2人を1人で育てながらの勉強は大変!!と思うこともあるのですがフランスで家族と生活するという目標があるので勉強せざる得ない訳です。

大切なのは、短い時間でも、毎日持続して勉強をなるべくすること。目標に向かって頑張ること。 疲れたら思い切って寝て翌日に勉強すること(笑) 先生に会えるのを楽しみに勉強をすることです。。

 

マルタン先生や教室に、ご意見・ご要望などありましたらお願いします。

私は、主人とフランスに仕事で行けたらいいね!転勤になったらついて行くからねという話を前からしていました。ちょっと期待もしていたけれど、本当に夢が叶ってしまいました。 人生って何があるかわからない!でも、やりたいこと、なりたいことを思っていて、そうなって欲しいなって、それに向かって行動するとそういうような道が開けてくるのではないのかなといつも思います。生きていく上で自分の願うビジョンをいつも思いながら生きることが大切なのじゃないかなって思います。

私は、今回フランスに行くために勉強している訳ですが、きっと、こうやってフランスで生活できることはとても幸運でチャンスな事だと思います。それと同時に困難な壁も沢山あり、言語の壁や風習など、何から何まで違うので子供を連れてフランスに行くことは、物凄く苦労することだと思います。でも、フランスの文化に触れることは、私や家族、子供達にとって一生涯の価値になることだと思います。

 

何もわからない0からスタートの私にマルタン先生は一生懸命教えてくださいます。フランスの文化に触れて人間としての価値観や成長をしていきたいです。フランス語、先生のおかげで楽しく勉強できています。私は、フランス語を習うのにこんなに素晴らしい先生はいないと思っています。 頑張りますので、これからもよろしくお願いします(^^) ずっと勉強していきたいなと思います!とりあえず、今は頑張るのみ・・・ フランスに行き、日本に帰ってきたら又ワインに携わるお仕事につけたらなと思います・・・

 

フランスでの生活が素晴らしいものとなりますように!丁寧にお答え頂きありがとうございました。

 


受講生からのメッセージ(11) ★いつかパリで絵画の勉強ができれば良いな

今回の受講生からのメッセージは、美術大学を目指して絵画の勉強をしている永松若菜さんから頂きました。

 

フランス語を習い始めた(または習い続けている)理由は何ですか?

私は小さい頃から日本の美術大学を目指して準備して来ましたが、高校2年生で改めて将来のことを考える中で、海外の美術大学という選択肢も考え始めました。 習い始めた直接のきっかけは、留学を視野に入れ、可能性を広げるためにも準備しておかなくてはと考えたからです。

また私は映画とバレエ鑑賞が大好きですので、フランス映画や最高峰のバレエ団、パリ/オペラ座のドキュメンタリーを観る度に「フランス語とは何と美しい言葉なのだろう!」と感嘆し、いつか自分も話せるようになりたいと強く思って来ました。その事もフランス語学習を始めた一因です。

 

マルタン式フランス語講座を受講した感想をお願いします。

何よりも発音からきちんと教えて下さる所が素晴らしいです。マルタン式フランス語講座を始め、発音の大切さに気がつきました。

ここに来る前にラジオ講座、教本などを試したのですが、きちんとした発音を教えてくれる物はひとつも無く、カタカナでルビがふってある物がほとんどでした。マルタン先生は、a,b,c から始まり、しっかりとした発音の規則を教えて下さるのでとても安心です。

さらに教えて下さる時は一対一ですので、直接先生の口元を見て学べますし、先生も私の口をしっかり見て下さいます。難しい発音の時は先生の具体的な説明とお手本が大変助けになりますし、先生のひと言で「できた!」となる瞬間はとても嬉しいです。

マルタン先生の明るく暖かい人柄に毎回お会いするのが楽しみですし、アットホームな授業の雰囲気も大好きです。

 

フランス語を同じように学んでいる受講生の皆さんへ、アドバイスや良い勉強法を聞かせて下さい。

フランス語学習ではまだ半人前にも達していないのでとてもアドバイスは出来ませんが、モチベーション面では、フランス語に憧れること、好きなことを通してフランス語に触れることが大事かなと思います。

フランス語は音楽の様でいくら聴いても飽きないので、好きなフランス映画、バレエのドキュメンタリーなどは何度も観て、フランス語の美しさを自分に思い出させています。そこで習った単語を聴き取れると、たとえ一語でも嬉しくなり、その嬉しさがモチベーションとなっています。

 

マルタン先生や教室に、ご意見・ご要望などありましたらお願いします。

楽しく明るい授業を、いつもありがとうございます!

 

絵の勉強のために、フランスへ留学出来ると良いですね!これからも頑張って下さい。ありがとうございました。

 

 


受講生からのメッセージ(10) ★カナダの病院に勤務する日常会話の為に

受講生からのメッセージ10回目は、モントリオールのロイヤルビクトリア大学病院に勤務する佐藤さんからコメントを頂きました。

 

フランス語を習い始めた(または習い続けている)理由は何ですか?

私は2014年の9月から、カナダの東部に位置するモントリオールで、医師として働いております。モントリオールはパリに次ぐ世界で2番目に大きいフランス語圏都市であり、多くの人がフランス語、英語を流暢に話すバイリンガルです。

私の勤務するマギル大学ロイヤルビクトリア病院は、英語系の大学であり、医師同士や院内スタッフとは英語で話しますが、患者さんや看護師さん同士のやりとり、そして院内放送も含めフランス語が飛び交っている環境で仕事をしています。患者さんの中にはフランス語のみ話す人もおり、その時は周りの人に通訳を頼んだり、かなり怪しい片言のフランス語で何とかやりとりしているのが現状です。また、ここで働き続ける以上、フランス語の試験を受ける必要があり、そのためにマルタン先生のプライベートレッスンをカナダに渡る前から始めておりました。

日本との時差は12時間程ありますが、こちらに来てからも週1-2回のレッスンを、インターネットのSkypeを用いて行っております。

 

マルタン式フランス語講座を受講した感想をお願いします。

発音から始まり、段階を追って復習しながら進むので非常に効率的かつ効果的だと思います。宿題も充分に出るので、よく身につくと思います。また海外からでもインターネットを用い授業が可能であるので大変助かっております。

 

フランス語を同じように学んでいる受講生の皆さんへ、アドバイスや良い勉強法を聞かせて下さい。

まずは月並みですが、継続することが大事だと思います。マルタン先生の“シゴキ”に耐え続けることがフランス語習得の最も近道だと思います。

 

マルタン先生や教室に、ご意見・ご要望などありましたらお願いします。

山梨大学の生徒さん達にも講義されているとのことですが、マルタン先生の授業を学生の頃から受けられるのは羨ましい限りです。

私も母校では、第三外国語としてフランス語の講義を受けましたが、サボってばかりいたので全く頭に残っておらず悔やまれます。その当時は、まさか将来自分がフランス語を習得しなければならない状況になるとは夢にも思っていませんでした。いつの日かフランス語が上達したときに、ケベックなまりのフランス語でマルタン先生と会話するのを楽しみに、これからも頑張って勉強していきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

 

お忙しい中、ありがとうございました。必ずフランス語で上手に会話が出来るようになりましょうね!楽しみにしていますよ☆

 


受講生からのメッセージ(9) ★ワインマーチャントになることが今の夢

インタビュー9回目は、山梨大学でワインについて研究を重ねている白石壮真さんに答えていただきました。

 

フランス語を習い始めた(または習い続けている)理由は何ですか?

フランス語は世界のあらゆる国で話され、あるいは学ばれ、あらゆる文化・藝術の分野で使われている言語です。来年から私が携わるワイン関係の仕事も例外ではありません。広く知られている様に、ワイン文化とフランスは切っても切れない関係にあります。

私が内定を頂いた会社で取り扱っているワインもほとんどがフランスワインです。私がフランス語を習っているのは、こうした背景のもと、フランス語がこれから仕事をするにあたり有利になりうるツールであると思ったからです。私は、ワインを輸入する会社に就職する事が決まってからワインマーチャントになるという夢ができました。フランス語は私の夢を叶えてくれる友になると信じています。

また、フランス語を習得したら、私のもう1つの夢であるボルドー第二大学に学びに行けたらとも思っています。

 

 

マルタン式フランス語講座を受講した感想をお願いします。

正直に申しますと、私は大学学部生の時に第二外国語としてフランス語を受講し、挫折した経験があります。単語を発音するにつけ、文章を読むにつけ、フランス語が煩雑で、習得出来るものとはとても思えなくなり、フランス語に対する情熱が冷めて行ってしまったのです。しかし、マルタン先生の講座においては、そのようなことは全く心配いりません。私がマルタン式フランス語講座を受講し、特に良いと感じた点をいくつか挙げます。

 

1、個人の目的や習熟度に合わせた柔軟で丁寧な指導

2、先生の日本語が流暢なので、コミュニケーションが取れる

3、必要な事を必要なタイミングで効率よく教えて下さる

4、マルタン先生の誠実な人柄

 

 マルタン先生に出会えた事で、フランス語に対する偏見なくなり、少しずつ情熱が取り戻せてきました。マルタン先生に感謝です。

 

フランス語を同じように学んでいる受講生の皆さんへ、アドバイスや良い勉強法を聞かせて下さい。

まだ学び始めて間もない私ですが、フランス語を「身に付ける」には毎日毎日の継続に尽きると思います。授業が終わり、マルタン先生が「bon courage!」と行って下さる度に、頑張らないと、と思います。

 

マルタン先生や教室に、ご意見・ご要望などありましたらお願いします。

特にありません。いつもありがとうございます。猫がいることも、猫好きな私にとっては嬉しいポイントです。

 

白石さんご協力ありがとうございました。これからも頑張ってくださいね!

 


受講生からのメッセージ(8) ★ワインへの興味が深まるとともに

8回目の今回は、マルタン式フランス語教室のワインスペシャリスト、多趣味でダンディな向山氏にインタビューに答えて頂きました。

 

フランス語を習い始めた理由は何ですか?

私がフランス語を習い始めたのは2008年の4月です。ちょうどその頃同様に勉強を始めたワインが大きな理由でしょう! 言うまでもなくフランスは世界でも有数のワイン国です。ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュと、ワインを知れば知るほどフランス語が目につき、興味を抱いてくるようになりました。というのは、ワインのエチケットの読み方やワインの表現方法に、フランス語を勉強する事でより身近に感じて来たからです。

2008年に日本ソムリエ協会のワインエキスパートの資格を取得してから、ワインをより深く学ぶために幾たびかフランスに行く機会が増えました。現地ではネイティヴなフランス語に触れることが多くなりました。ですが会話が早く、発音が聞き取れなくて悩みました。でもワインが好きだからフランス語の勉強を頑張ることが苦労だと感じませんでした。それは2014年に念願のシニアワインエキスパートの資格を取得したことで増々フランス語への意欲が湧いてきたからです。

私にとってワインとフランス語は、お互い良いバランスを保ちながら、これからも研鑽を続けて行く大切なものになりました。

 

マルタン式フランス語講座を受講した感想をお願いします。

フランス語を勉強してまず一番に感じたことは発音の難しさでした。この発音を正しく聞き取れないと、当然のことながら日本語に訳すことが出来ません。マルタン先生が良く言われていることに「発音が重要」という事に他なりません。でもこの基本的なことに着目して、丁寧に発音テキストから繰り返しレクチャーしてくれますので、とても理解しやすいと思いました。

発音に関してもうひとつ理解しやすいポイントは、発音の際の口元の表現方法を説明していただけること。それから必ず録音テープで保存することで、一人で勉強する時にもう一度聞き返しながら良い勉強になり、とても復習になります。

 

そして重要なものは文法についてですが、特別テキストを使うことはなく先生の例文により、その中に含まれる単語を流用しながら例文を解読していきます。規模の大きな語学学校では出来ない細かい指導をレッスンの中でしていただけるのでありがたいです。私の場合時間が掛かりましたが少しずつ動詞の活用などの重要なポイントの学習方法にも慣れてきたような気がします。この調子で仏検2級に今年はチャレンジしたいと思っております。

 

フランス語を同じように学んでいる受講生の皆さんへ、アドバイスや良い勉強法を聞かせて下さい。

私の場合は広範囲にフランス語に触れる機会や時間を作るということに力を注いでおります。なぜならば、やはりフランス語は発音が難しいということがあります。出来るだけTVのフランス語講座、番組は見るようにしています。 それからフランス映画は特にネイティヴな発音が聞くことが出来ます。最近では社会人を対象に学習のプログラムがある、放送大学にてフランス語入門1と2の単位習得をすることが出来ました。

特に書籍に関して言えば、単語や文法を理解していれば文章の意味を理解出来るのは当たり前ですが、このレベルに達するには容易ではありません。まずは耳でフランス語を聞くことに重要なポイントを置くことが大切だと感じます。

そして機会や時間がありましたら、現地フランスへ行ってネイティヴなフランス語に触れることがベストではないかと思います。最終的には自分自身で単語や熟語などの暗記がキーワードになります。それから文法の理解をフレーズと共に熟読しながら覚えて行くことが必要です。

 

マルタン先生や教室に、ご意見・ご要望などありましたらお願いします。

最近ではTVのフランス語講座番組では、会話表現でとてもカジュアルな表現が増えてきました。マルタン先生から教えていただいている基本的な文法の表現方法は、とても安心して学習することが出来て満足しております。

今後に向けても、Le contexte(状況、背景)を生かした表現方法を、状況に応じて明確に教えていただければ幸いです。

 

 

丁寧にお答えいただき、ありがとうございました。

 


受講生からのメッセージ(7) ★若い時からフランス語に触れさせたい

マルタン式フランス語教室には小さなお子さんも通っています。今回はそんな受講生のひとりyuzuちゃん(3歳)のお母さんに答えていただきました。

 

マルタン式フランス語教室を選んだ理由は何ですか?

フランス語を学ばせるならフランス人の先生が良かったので選ばせていただきました。

そして何より、アン先生のおおらかな人柄に惹かれました。

 

小さなお子さん(3歳)を通わせたいと思った動機は何だったのでしょうか?

将来、Yuzuがスポーツや音楽などの道へ進んで行きたい時、英語はもちろんですが発音数の多いフランス語をマスターしておくことも良いと思いました。

また、フランス語を勉強したかったと言うのは、亡き祖母の夢でもあったので。

 

Yuzuちゃんはフランス語を習うことをどう感じているでしょうか?

 

英語より少し苦手の様子ですが、最近はだんだん聞き取れるようになって来て、私が分かる範囲で誉めると喜んでいます。

先生にあいさつなどが伝わるととても嬉しそうにしています。

 

今後どう役立てて行きたいですか?ご意見ご希望などもありましたらどうぞ

 

まだ日本の中では役立てるんは難しいかと思いますが、地道に会話、読み、書きを進めて行きたいです。

フランス語をお話し出来るお子さんや大人(人々)の中でどのような対応が出来るのか見てみたいです。

 

Yuzuちゃんのお母さん、ありがとうございました。

 


受講生からのメッセージ(6) ★きちんと理解し受けとめたいから

 

フランス料理をさらに深く学ぶために、4月から南仏へ渡る北村悦子さんに、留学前のインタビューをしました。

フランス語を習い始めた或いは習い続けている理由は何ですか?
私は山梨県でお店を開きたいという夢があります。それに向かって製菓学校に通い、2010年4月から留学する事になりました。 留学した際には、お菓子の作り方だけでなく、フランスではお菓子は生活の中でどんな存在なのか、また、それを踏まえてシェフはどんなコンセプトを持っているのか、たくさんのお客様やシェフと交流を持って体感したいという気持ちです。
 同じものを見るにも、色々な視点から見れる様になって、色々な意見も柔軟に取り入れて、そういった中で、自分のコンセプトを確立させて行きたいです。そのためには、自分の言葉で伝えたいし、相手の言葉を受け取れる様になる事が、自分にとってとてもプラスになると思います。
 食べてくれる人がいてこその仕事なので、良い評価も悪い評価も自分自身で受けとめて行きたいという気持ちを強く持っています。 そういった理由から、フランス語の勉強を始め、今に至ります。 

マルタン式フランス語講座を受講した感想をお願いします。
 マルタン先生と出会う前までは、フランス語が出来るようになりたいと思う反面、どんな事から勉強したら良いのか見当がつかず、ただ時間だけが過ぎて行くばかりで、もどかしさを感じていました。
 また、いざ(別の先生と)勉強を始めても本当にフランスで通じるのか不安があり、とてもストレスを感じていました。でも、マルタン先生のレッスンを受ける様になってからは、正しい発音が出来る事が本当に楽しくて、発音出来る音が増えて行くことにとてもやりがいを感じました。1日に6時間のレッスンを受けた事もありましたが、疑問を残さないレッスンなので、気持ちよく受ける事が出来ました。

悦子さん、ありがとうございました。夢の実現に向けてまずはしっかりと頑張って下さい。そして留学のお話も楽しみにしていますので、ぜひ聞かせて下さいね♪


受講生からのメッセージ(5) ★フラワーアートから広がる世界

 

篠原みずささんは、お花屋さんに勤めながらフラワーアートを学んでいます。
今回は勉強で渡仏した滞在先から答えて頂きました。
フランス語を習い始めた理由は?
 花の仕事や勉強をしていく中で、フランスの花屋さんやデザイン性に魅力を感じる機会が多いのが一番の理由です。有名なデザイナーさんやお花屋さん、学校なども多いし、芸術や文化が素晴らしいので、自分もフランスにかかわって勉強していきたいと強く思いました。勉強を続けていくにつれ、フランス語の言葉の響きや文化にも大変興味を持つようになりました。今は歴史や社会、文化にも興味を持っているので、その基礎になる語学の勉強はもっと熱心にやりたいと思います。

パリに滞在していて、フランス語はどんな場面で必要ですか?またどんな苦労がありますか?
 フランスの人々や生活に関わる限り、正しいフランス語がかなり必要だと感じています。中には英語ができない人や、外国人に慣れていない人もいますし、フランス語ができないというだけで相手にしてくれない人もいます。 買い物に始まり、駅、お店、学校、電話、メールなど・・相手にもよりますが、困ったときや、分からない時、正確に情報を得たい際など苦労しました。 発音や会話の速さ、聞き取りなど日本人には難しいことだらけですが、勉強して慣れて行きたいなあと思います。

フランスに滞在している立場の同じ日本人の、フランス語会話についてどのように感じてますか?
 正確に発音出来ない人や勉強していない人がとても多いように思います。会話ができる人は、長くフランスにいる場合が多いようですが、基本的なことでつまづくとその先の高度な会話や、現地の人との壁を超えるのはかなり難しそうだなあと感じました。 試しに入ってみた語学学校では、会話はまだまだですが、先生に発音のことをほめて頂けてとても嬉しかったです。

これからどんな風にフランス語を学んだ方が良いと思いますか?またそう思う理由も教えてください
 とにかくまず発音をきちんとやって聞きとる力をつけ、文法もきちんと理解することだと思います。その上で、実践的な勉強がはかどると思います。 フランスの人は、語学を大切に捉えていると思いますし、発音が大事な言語なので、基礎的なことが大変重要だと思うからです。

フランス語を学んでいる受講生のみなさんへアドバイスなどありましたら聞かせて下さい。
私もまだまだ勉強中の身なので、わからないことだらけなのですが、とにかく発音や単語、文法など、マルタン先生の教えて下さることを一歩一歩丁寧に吸収することが、やがて大きな力になっていくと思います。
最初は慣れずに難しいこともありますが、すぐに前進するのが実感できると思います。

マルタン式フランス語講座を受講した感想をお願いします。
私は、大学の第二外国語でフランス語を受講していたにも関わらず、全く習得できていなかったので、フランス語には単純に苦手意識や壁を感じていました。 しかしマルタン先生の教室で再び学習するとともに、語学の楽しさや力が着実について行くのを実感できました。基礎から地道に丁寧に教えて頂いて、その都度疑問がないように理解していけたので、楽しく進んでこられたと思います。そしてこの先のフランス語の礎を築けてきたと思います。
 これから先は、もっと広い世界で通用するようなしっかりとした語学力を身につけたいと思っています。現地での人との会話にも不自由なく触れたいですし、また文化や歴史なども自分で理解していきたいと思います。

みずささん、丁寧に答えて頂きありがとうございました☆


受講生からのメッセージ(4) ★フルート奏者を目指して

菅野芽生さんは子供の頃からフルートを習い、将来フランスのコンセルヴァトワールでフルートを学ぶため、マルタン式フランス語講座に通っていました。 

フランス語を習い始めた理由は何ですか?
フルートで将来フランスへ留学したいと思っているので、そのためには、早いうちから言葉をやっておいた方が良いかなと思って(笑 全くの初心者で何にも分からないところから、プライベートレッスンを全部で40時間くらい受けました。 

ちなみにフルートはどれ位前から?
 小学校4年生から習っています。10歳から丸8年くらいずっとですね。 

色々と賞を取ったって聞いているけれど...
中3の時に、学生のコンクールで多分一番大きい「全日本学生音楽コンクール」で中学生フルート部門で1位と、高校の時同じコンクールの高校生フルート部門2位と、琵琶湖国際音楽コンクールのアドバンス部門(高校生以下)というのがあってそれで1位を。

それは凄いですね!
いやっ、それでも最初のうちは全然取れなくて、やっと安定するように。。。(照 予選は最低でも通る様にやっとなって。

将来の夢は?やっぱり音楽で?
はいそうです。演奏家になりたいです。もう向こうに行ったらずっと向こうにいたいなって今は思っています。(笑

それじゃかなり本気でやらないと...
えへへ;(笑

コンセルヴァトワールに入るためにはやっぱり試験があるの?
フランスで受験するんですけど、もちろん実技と今年からは語学の試験があります。

年齢制限とかも?
(コンセルヴァトワールの)場所に因って年齢が違いますけど、パリ国立音楽院だと21歳までで、リヨンだと26歳までですね。どこを受けるかはまだ全然分からないんですけど、どんな先生がそこにいるかで考えようと思います。

フランス語の試験があるのは厳しいですね~(笑
はい、それにパスしないと...そのために一生懸命勉強してました。

ここでマルタン先生に教えてもらって良かったなぁと思う事は?
やっぱり一対一で凄い距離が近いから発音の時の口元もよく見えるし、分からなかったらすぐに分か らないって言えるし、先生との間が近いのが一番よかった。

どこか別の学校でも勉強していた事があるの?
しばらく英語をやっていたんですけど、その時は先生ひとりに生徒が4-5人くらいで、やっぱりそれでも聞くのに時間がかかったり、時間内に聞きたい事が聞けなかったりとか、ひとりに掛かりっきりになっちゃたりとか...でした。

フランス語を同じように学んでいる受講生のみなさんへアドバイスや良い勉強法を聞かせて下さい。
いやそれはもう...毎回録音したものを耳から(綴りを)見ながら聞いた方が、いっぺんに入るからそれはいい方法だと思います。 もしもっと前にここを知っていたら、もっと早くからフランス語を勉強したかったです。今このレベルまで来て、ようやく分かってきたかな...

宿題は出ていてどうだった?
やるのは別に苦ではなかったです。むしろ(答え合わせで)合っていたら嬉しかった。あはは(笑 先へ進むためには宿題は出た方が良いと思います。

お時間を頂きありがとうございました。 

菅野さんは今年の4月から東京の音楽大学へ通っています。新しい生活も大変でしょうけれど、夢を掴むためにぜひ頑張ってくださいね☆ 

 

 

 


受講生からのメッセージ(3) ★文化の深さに感動して

市村未央さんは、仏料理やお菓子の勉強をしながらクラスに通っています。今回はそんな彼女にインタビューしました。 

 

フランス語を習い始めたきっかけは何ですか?

 

市村さん  最初のきっかけは、フランス菓子を代官山にあるコルドンブルーに習いに行くのに、フランス語での授業になると言われたので、少しは理解したいと思ったのがきっかけなんです。でも、元々フランスが大好きで、大学で4年間、第2外国語で専攻していて、主専攻は芸術だったので、ほとんどフランスの芸術について勉強していました。 そのことを思いだしてまたもう一度やりたいなって思ったのもあります。 

 

マルタン式を受講した感想は?

 

 私はプライベートレッスンをしていますが、一対一なので聞きたい時にすぐ質問が出来るって言うのが、他のクラス形式の講座に比べて一番良かった点です。変な発音を間違ったまま覚えちゃうと、そのまま続いてしまうから、この点を今厳しく教えてもらっているんですけど、 私にとってそれはすごく重要なことだなっていうのも感じているので、何度も根気づよく直してもらって、とても助かっています。 

 

他のクラスと比べたらと言ったけど、何かやっていたの?

 

学生時代に東京の飯田橋近くの日仏学院で、本当に基礎のクラスへ行ったんだけど、やっぱり人数も多いんですよね。20-30人いて先生ひとりなので、みんなで教科書を読んでabcを言って...という感じだったので、とてもひとりひとりの欠点にまでは気が届かない感じだったから、それはホントに全然違うと思いますね。生徒さんのレベルも色々だったけれど、 プログラムがあるから同じように進んで行っただけと言う感じで。授業もフランス人の先生だったのでフランス語で話してましたね。基礎だったのであまり難しいやり取りではなかったんですが、全部フランス語で行っていました。 

 

何回もフランスに行って、何か気づいた事はありますか?

 

そうですね、東京のル・コルドン・ブルーにずっと通ってフランス料理やお菓子の作り方を習ったわけだけど、パリに行くとどうなんだろうと思って、短期ですけどパリのコルドンブルーやリッツ・エスコフィエやル・ノートルと3カ所のコースに参加して勉強しました。 その時に「あ、私フランスのこと何も分かってなかったんだ」って言うのが分かって、もっと深く知りたいという気持ちになりました。また次に行った時には、以前よりは少しフランス語も聞き取れるようになっていたし、話すのはまだなかなか難しかったけれど、言われていることは分かるようになっていました。フランスへ行って、パリの人たちの暮らしぶりを見て、色んなモノの積み重ね「伝統」をすごく大事にしている国だなっていうことを感じました。ひとつのお菓子をとってもずっと作り続けられて来たお菓子というのが今も残っていて、それはひとつのお菓子の中に今までの少しずつの知恵が合わさって今のフランス菓子を作っているんです。すごく華やかなイメージで捉えがちだけれど、その背景にあるものの深さをすごく感じました。 

 

フランス語を同じように学んでいる受講生にアドバイスをお願いします。

 

私はお料理とかお菓子の勉強をしているので、マルタン先生が美味しいものを良く知っていらっしゃって、フランスの美味しいものの話が色々と聞けるのがすごく嬉しいです。フランス語だけを学ぶのではなくて、そういった文化にも興味を持つのが上達の秘訣なんじゃないかなと思います。それが私の続けられている理由だと思います。

 

先生にご意見ご要望は?

 

語学の勉強って辛くて大変って言うイメージがあったんだけど、ここの教室は本当に楽しくて、毎週楽しみに通っているので、その雰囲気をぜひこれからもよろしくお願いします。(笑

 

 


受講生からのメッセージ(2)★腕の良い醸造家になる為に...

2008年8月からフランスに渡り、葡萄の醗酵技術を学んでいる小松正和さん。出発前の半年ほど マルタン式フランス語教室で、発音や簡単な日常会話を勉強しました。今回はフランスからインタビューに答えて頂きました。 

渡航前に想像していたフランスと現実の違いはありますか?

 学生の卒業旅行でパリに2日だけ立ち寄ったことがあり、その時は格安だった為か食事も美味しくなかったし、治安も良くないと感じていました。しかし、今回ボーヌ市に滞在してみてイメージは一変しました。パリから約300km離れた田舎ですが、中心部には中世の街並が周囲には広大なブドウ畑が広がり、その中で人々が伝統を大切にそれぞれのペースで生活しています。話し好きで親切な人が多く、治安もとても良いです。また、マルシェやスーパーで購入する食材、特にチーズやバターの乳製品やパスタなどの小麦製品がとても美味しい!パン屋さんで買うフランスパンは毎日食べても飽きません。自然が豊かで、食材が豊富で、仕事も生活も良い意味でマイペースなので、日本と比べ人の心に余裕があると感じました。

フランス生活の中で驚いた事はありますか?

 たくさんありますが、夏の日照時間が長く9時過ぎまで明るかったのには驚きました。ティッシュではなくハンカチで鼻をかむ人が多い事や、仕事の休憩時間や来客時にワインを飲む事、スーパーなどのお店は閉店30分前から片付け始め、閉店時間には真っ暗になってしまう事、1食事当たりに食べるチーズやデザートの量がとても多い事、仕事のやり方も違うし、蛍光灯がほとんどないので部屋の電灯はものすごく暗く感じます。まだありますが取りあえずこのくらいです。 

フランスへ行くなら事前にどんな準備が必要だと思いましたか?

 日常の買い物などは何とかなるのですが、仕事になるとコミュニケーションが大変で、ジェスチャーと辞書を調べて、単語を並べてなんとか意思の疎通をしていました。でも、授業の中で口の動きを良く見て、ネイティブな発音を真似する事で、日本語にはない母音や子音の聞き分けと発音が大分出来るようになっていたので、これは本当に助かっています。繰り返し聞き正しい発音を身につけると良いと思います。特にボーヌでは英語を話せる人が少ないので、きちんとフランス語を話せるようになるのが一番大切ですね。 

小松さんの研修期間も残り僅かですね。頑張って下さい! 

 


受講生からのメッセージ(1) ★フランスへ音楽留学を夢見て

マルタン式フランス語教室を受講する人たちには、個人的な目的を持って学んでいる人が少なくありません。そんな受講生の一人、中村香織さんはフランスのコンセルヴァトワールで音楽を学ぶという目的を持って、この教室に通っています。秋には留学生としてフランスへ渡りますが、教室に通った感想などを伺いました。 

フランス語を習い始めた理由は何ですか?

 大学で声楽を学び始めた時に、フランス音楽と出会いました。フランス音楽の色彩ある世界と、詩の世界に魅せられ、さらに(フランス音楽を)深く学びたいという意欲が出ました。いつかフランスで生活をしながら音楽を学ぶ事を目標に、フランス語の学習をずっと継続してきました。そんな時、幸運にも2008年度ロータリー財団国際親善奨学生として、2年間フランスで音楽を学ぶ機会を与えて頂きました。現在は、今秋にフランス留学を始めるための準備に専念しているところです。 

マルタン式を受講した感想はいかがでしょうか?

 私は、財団奨学生の語学試験と、現地での受験のために、集中してプライベートレッスンを受講しました。授業では、試験対策と並行して動詞や発音を学びました。私が特に良かったと思う点は、発音のレッスンです。マルタン先生の音楽教師のような鋭い耳と、妥協しない徹底した反復練習のおかげで、少しずつ力がついて来たと思います。フランス語には日本語にない音が多数あるので、顔の筋肉や口の動かし方、息の流れなどを丁寧に指導して頂き、自分で身につけることはとても有意義であると確信しています。 
  そして、マルタン先生のフランス語(会話)はとても美しいです。特に初めての外国語を学ぶ時には、スラングではなく丁寧な言葉と文章に触れる事が重要です。土台を着実に身につける大切さをマルタン先生から学びました。フランスでもこれをベースにしっかりと学んできたいと思います。 

お忙しい中、ありがとうございました♪ 

 フランス映画を字幕なしで見たり、フランス文学を読んだり、知らない人と交流出来たり ... 音楽以外にも自分の世界が広がる何かが、きっと沢山あるでしょう。中村香織さん、頑張って下さいね。応援してますよ☆