受講生からのメッセージ(18) ★留学を通じて思うこと

今回のインタビューは、現在高校3年生でスイスへの留学経験を持つ清水美名さんに伺いました。

 

1)留学をしたきっかけは何でしょうか?どこの国へどれくらいの期間行っていましたか?

 留学したきっかけは、母に短期留学に行くように勧められて、スイスに3週間行きました。カルチャーショックを受けました。また、その後2年スイスに短期留学に行くことを決めました。
 

2)留学の経験について詳しく教えていただけますか?

 留学生活で、ルームメイトは中国人、隣にはフランス人やスペイン人が住んでいました。授業は全て、フランス語の授業も含めて、英語で行われていました。

 

3)留学先の学校ではどんな人たちと一緒に学んでいましたか?その人たちとフランス語の習得レベルの違いはありましたか?

  同じクラスには、スペイン人とポルトガル人の子達が多くて、フランス語の文法などは同じぐらいついて行くことができましたが、他の子達の方が習得が速かったし上手でした。

 

4)学校では1週間に何時間ぐらいフランス語を勉強しましたか?勉強内容も聞かせてください。

 1週間に5時間やっていました。主に文法が中心でたまに映画を見たり、リスニングをしたりしていました。

 

5)留学した学校では発音の授業がありましたか?

 発音の授業は初めに少しだけありました。

 

6)フランス語の発音は大事だと思いますか?またその理由は?

 大事だと思います。やはり発音がしっかりできないと、会話が通じにくいです。

 

7)日本に帰国した今、留学して良かったと思いますか?またその理由も合わせて教えてください。

 留学してよかったと思います。色々な国の人と会えてその国の文化などを学べましたことが良かったと思います。

 

8)現在、フランス語の勉強を続けていますが、特にフランス語の発音に対してどんな考えを持っていますか?

 大人になって、会社とかでフランス語を話す人とコミュニケーションを取れるようになりたいので、発音はスムーズにコミュニケーションを取れるようになるために正確にして行きたいと思います。

 

9)今現在、トリリンガルであることは将来的に何をもたらすと考えますか?また、マルチリンガルになる必要性などは感じますか?

 今はグローバルな世界なので、色々な人たちと関わる事はすごく大切だと思います。色々な言葉を学ぶことで、その国々の文化や環境などを学べます。

英語を話せると将来社会なので、色々な人と交渉ができますが、それに加えて例えばフランス語が話せて相手がフランス人だったらより良いコミュニケーションが取れると思いますので、私は色々な言語を学びたいと思います。

 

留学を通じて多言語の必要性や外国語を話せることで広がる世界を体験したようですね♪
美名さん、これからも継続してレベルアップをして行きましょう!
インタビューにご協力いただきありがとうございました。

 


新年度 短期集中発音クラス① 生徒募集


今回はル・キャナール・ドレのフランス語教室からのお知らせです。
四月から何か始めようと考えている方に!


言語として難しいと言われるフランス語を正しく発音して、聞きとり、読むことが出来るようになることを目指すクラスを開きます。
講師はフランス生まれ、パリ育ちの生粋のフランス人。現在も国立大学で教鞭をとるマルタン先生が、流暢な日本語で丁寧にレッスンを行います。
フランス語初心者大歓迎です🎶子供から大人まで誰でも参加することが出来ます。

 

 

【募集要項】
☆フランス語発音クラス①
場  所:山梨県立図書館
期  間:2017年5月9日〜7月末まで
     毎週火曜日 16:00〜17:00 (全12回)
募集人数:最低人数6名より
レッスン料:ひとり/税込12,000円(全12回分)

お申し込みはお問い合わせフォームをご利用下さい。

タイトルに「フランス語発音クラス申し込み」とご記入願います。




年末年始の営業日のお知らせ


2016年もいよいよ残り二週間ですね。
今年もお引き立てを頂きありがとうございました✨

ル・キャナール・ドレは年内12月28日(水)まで営業しています。
年始は1月5日(木)より営業致します。
発送の注文受付は26日(月)15時が最終となりますのでよろしくお願いします。

年末年始のご注文はお早めに♬
良い年の瀬をお過ごし下さいませ。

お休み期間:2016年12月29日〜2017年1月4日

2016年のFBM終了しました!

29日(土)は少し雨模様で寒かったですね〜! 翌日のお天気もちょっと心配でしたが、30日は気温0℃ながらスッキリとした秋晴れ♬気持ちの良い晴れ間の中、2016FBMも大勢の参加者のみなさま達でワイワイと賑やかでした。
多くのお客様から「去年は会えなくて寂しかったよ〜」とお声掛けいただき、申し訳なく思いつつも嬉しかったです😊
イベントが重なってしまうと出店出来なくなってしまうので、実行委員の方!来年も第3週目か4週目での開催をお願いします♬(笑)
また来年、みなさまの元気な笑顔と再会できることを願いつつ…今年もFBMが終わるのでした。。。
ご来店いただいた方々、本当にありがとうございました☆

フランス滞在記①

◎フランス人の生活

 

私たちは今、パリから約一時間ほど離れた郊外に滞在しています。

最近は天候が少し変わって来ていて、9月になっても日中の気温は30℃を超えるほど。それでも湿度の少ない国なので、日本のような暑さは感じないのでかなり過ごしやすいです。さすがに朝晩は結構冷え込みますが。

 

この様なパリから少し離れた自然の多い地域に住み、仕事と暮らす場所を分けているフランス人は増えて来ていて、彼らの平均的な通勤時間は約一時間半です。労働時間は一週間に35時間と決められているので、それ以外の時間は友人や家族と過ごすための大切な時間です。日本人から見るとうらやましい短時間労働ですね(笑)

 

例えばこの郊外の分譲住宅地は、私有地の面積が60ヘクタールありますが、その内の30ヘクタールに僅か500軒ほどの家が建つだけです。敷地の半分は自然公園になっていて芝生の広場や池、テニスコート、プール、ペタンク場(伝統的なゲームでボウリングの原型ともいわれる)、バレーボールコートなどが併設されており、住民は皆自由に使用することができます。敷地内には幼稚園から中学校までの教育施設もあり、9月1日から新学期も始まったので子供たちの元気な声が響いていました。

 

豊かな自然に囲まれてゆったりと暮らすライフスタイルはやっぱり素敵ですよね。

こんな所でのんびり過ぎてゆく時間の中にいると、生きることとは何か?そんなことをつらつらと考えてしまうのでした。

 

明日からパリに滞在します。郊外と都市の生活の違いはどれくらいあるのでしょう。

 

 

食べ物と健康 4

 

【食べ物と健康】④
◯お酢と口内環境

 

リンゴ酢はコスメティックとして使えるでしょうか?特に歯や歯茎に対して効くでしょうか?

ある変わった健康についてのウェブサイトにこう書かれていました:


 

    « Le vinaigre de cidre stoppe les inflammations d'origine bactérienne, stimule l'irrigation de la gencive. Pour conserver des gencives saines, rincez-vous la bouche matin et soir après vous être brossé les dents avec du vinaigre de cidre dilué dans l'eau (1 c. à café dans un verre d'eau). »

 


「リンゴ酢は歯茎の炎症を止め、血行の流れを増進します。健康な歯ぐきを保つために毎朝毎晩、歯磨きが終わった後に小さじ1杯のリンゴ酢を混ぜた水で口をゆすいでください」。
ですが、お酢は酸なので歯のエナメル質を腐食します!私は専門家としてお酢を使ったうがいは絶対に避けた方が良いとアドバイスします。 


なぜなら2385人の14歳の少年に対して調査を行った研究があります。その結果、お酢の定期的な消費は歯のエナメル質の浸食が増えるだろう、という結果が得られました。さらに、お酢を日常的に摂り過ぎることは、歯の過敏症を進行させる原因にもなるでしょう。

<終わり>

 

食べ物と健康 3

【食べ物と健康】③

◯お酢の効果とは?

 
 リンゴ酢についてのもっとも一般的なデータは、アメリカ人の医師 Dr De Forest Clinton Jarvis氏のベストセラーをよりどころとしています。

 Dr Jarvis はアメリカの北東の山の多いベルモント地方の辺鄙な田舎で開業していました。1966年に亡くなっています。

 

 彼は1958年に「大衆医学」(Folk Medicine)という本を書きました。これは当時何百万冊も販売されベストセラーになりました。この本では様々な病気を治すために蜂蜜とリンゴ酢を混ぜた飲み物を勧めていますが、実はこの飲み物の薬効(効力)は、Dr Jarvisの想像力から生まれたもので、科学的な研究に基づくものではありません。

 58年経った現在でも百単位のウェブサイトは Dr Jarvis のお勧めを完全に繰り返しています。ですから、私たちは専門の人に話を聞きました。

 


 まず、Dr Jarvisはこう断言していました。

 

1)リンゴ酢は細胞をきれいにしたり、再生させたりします。

2)リンゴ酢は筋肉と間接の痛みに効きます。

3)リンゴ酢は血管に溜まっているカルシウム板を溶かします。

4)リンゴ酢は腎臓と膀胱をきれいにします。

 

・・・・本当でしょうか?

未だに何人からもこの飲み薬は勧められているのですが、何の学術根拠もありません。

 

 お酢は主に水と酢酸で作られています。胃に消化されたら水とCO2にしかなりません。ですから、血管に溜まっているカルシウム板を溶かしたり、細胞と腎臓をきれいにしたり、間接の痛みなどに効いたりすることは全く考えられません。
 何人もの人達がリンゴ酢に含まれているリンゴのペクチンと豊富なミネラルのお陰だ語っていますが、実はリンゴ酢にはペクチンが含まれていません。ペクチンはリンゴの繊維です。お酢には繊維が入っていません。

 

 また、お酢は非常にミネラルが豊富なイメージがありますが本当に必要な種類のミネラルは入っていません。

ナトリウム (Na)は普通です。リン (P) はお酢ではなくとも食べ物に豊富です。鉄 (Fe)  や銅 (Cu)  は体に多すぎるぐらいあります。セレニウム (Se)、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)はほんのわずかしか入っていません。

 

 確かにカリウム(K)が豊富に含まれています。骨粗しょう症につながるミネラルの流れから守るために、カリウム(K)は体内の酸のバランスの維持に役立ちます。リンゴ酢は1リットルに最大1g入っていますが、健康を保つために一日に必要なカリウム(K)2gから6gまでです。これならカリウム(K)が豊富なお野菜をいっぱい食べれば簡単にこの量を摂ることが出来ます。

また、お酢にはビタミンはほとんど入っていません。B6だけは少し含まれています。

 

☆次回へ続く

 

 

 


食べ物と健康 2

【食べ物と健康】②

2)お酢は高血圧にも効果があります


 ラットによる研究の結果、お酢の中の酢酸は血圧を低くする効果があり、高血圧の治療にも効果があると分かりました。
 お酢は腎臓皮質部から分泌されるホルモン物質であるレニンの活動を抑える働きがあります。レニンという酵素は血管を収縮させ血圧を上げます。(これをレニンの血管収縮の効果と呼びます)しかしお酢はこのレニンの血管収縮を減らすため、血管を緩め血圧を低くし、血管の壁も守られます。

 

 

 

 

3)お酢を使って耳のお掃除

 

 酢酸が一杯含まれているのでお酢は細菌に効果的です。特に人体の常在菌である緑膿菌やブドウ球菌、プロテウス属/腸内細菌のタイプのバクテリアによる耳の痛みに効果があると研究者達は発表しました。

 

抗生物質の治療が効果がなくなった時に、お酢はその代用として面白い治療になると考えられます。

これは、1998年に行われた試験管での細胞の培養による結果からわかりました。

 

 

4)骨粗しょう症

 
 1999年に行われたラットの研究結果によって分かった事がありました。
年を取ると男性/女性ホルモンが減少して骨もスカスカになり割れやすくなります。この現象は骨多・症と呼ばれています。それによって腰または大腿骨頸部の骨折にもつながります。お酢は骨を強くするために効果があると思われ、腸のカルシウムの吸収を増やします。そして腸は骨の細胞を新しくしている(同じく壊している)細胞の活動を減らします。

 

 お酢は酸化防止成分が多くフェノール化合物は1リットルで600mgが含まれています。

生野菜や果物にも酸化防止成分が豊富なのと同じように、お酢はパーキンソン病あるいはアルツハイマー病のような「神経退化的な病気」に対して細胞を守る役割があると思われます。


☆次回へ続く…

 


食べ物と健康 1


ル・キャナール・ドレはリニューアル後から『食べ物から健康や環境を考える』をテーマに、出来うる限り最新の情報をお届けしたいと考えています。

お届けする情報は、医師がボランティアで無料配信しているヨーロッパのメディカル記事(Sante et Innovation)を中心に翻訳しています。優良な情報を多くのみなさまの目に触れるように続けて行きたいと思っています。

まずは、腸を整えるために良いとされる発酵食品から「お酢」についての記事をどうぞ。


ーーー


【食べ物と健康】①

◯リンゴ酢の効果

 

 

1)リンゴ酢は糖尿病に効きます。

 

 でんぷんを含んだ食べ物や、砂糖、果物、お野菜など、糖質を含んだ食事をしたときには、大さじ1杯のリンゴ酢を摂ると血糖値の上昇、インシュリンの過剰分泌、コレステロールの吸収をゆっくりとさせます。

 酢の酸味のお陰で胃をからにするのはゆっくりさせるので、血糖値の高い食事が逆に低い食事へと変えられます。これは当然健康に良い効果があります。

 

また、酢は小腸のアミラーゼ(でんぷん糖化酵素)の活動を止めます。アミラーゼは酵素を切り分けた後にグルコース(ぶどう糖)に変えます。結果的に食べたでんぷんの一部は血糖に変えず、血液中に入らず、トイレに流れるでしょうこの結果はリンゴ酢だけではなく、すべての酢に入っている酢酸のお陰です。

 さらにお酢を摂るこによって空腹を止める効果もありますので、食事の量も自然に減ります。
糖尿病がある方達、あるいはこれからなりそうな方達はお料理にお酢使うと良いでしょう。太り気味な方達あるいは太りやすい体質の方達も、お料理にお酢を加えると良い効果が得られる可能性が高いです。

 

☆次回へ続く

 



 暑い季節にはお酢を使ったお料理がさっぱりとした味で食べやすいですね。ドレッシングを手作りしてみたり、夏野菜にお酢を使ったあんを絡めてみたり、ぜひ良いお酢を選んでおかずの一品に加えてみて下さい。

ーーー

 


新しいHPがオープンしました!


8月1日よりホームページがリニューアルします。
それに合わせてショップページも大幅に変更されました!
より見やすく便利になっているはずです。

ショップページでは創業17年を記念して、8月1日〜17日までの期間全商品17%OFFにてご注文を承ります。手作りのためよほどの理由がない限りお値引きは出来ない商品です。かなりお買い得になっておりますので、初めての方もリピーターの方も、この機会をお見逃しなくお買い求め下さい。
お買い求めの際にはクーポンコードの入力をお忘れなく(^ ^)
これを入力せずに注文ボタンを押されますと、従来の価格でのご注文となってしまいますのでご注意ください!

クーポンコード:2016001


また、誠に勝手ながら発送は8月8日以降となります。

今後はブログの方も食や健康などに関する記事をアップして行く予定です。新たな17年目のスタートを切るル・キャナール・ドレを、今後ともどうぞよろしくお願い致します。


ボネック兄弟 来日記念展

5月25日より日本橋高島屋さんにて、ボネックブラザーズの展示販売会を開催しています。

明るい色彩が生み出すメルヘンの世界は、夢の国へ訪れたような日常から抜け出たイメージを持つでしょう。なぜか心がホッとする、そんな癒しの空間へぜひ遊びにいらしてください。

5月31日まで開催しています🎶