受講生からのメッセージ(13) ★フランス語圏で暮らすことになった息子のため

一年前にフランス語圏へ家族で移住したとき2歳になるお子さんが苦労したのは言葉でした。お母さんにインタビューに答えて頂きました。

 

フランス語を習い始めた(または習い続けている)理由は何ですか?

息子は、1歳10ヶ月からフランス語圏に住み始めてフランス語の保育園に通うようになりました。

小さい子供だからとあまり深く考えていませんでしたが、日本語しか話せない息子は小さいからこそ言語の違いなども理解できずなかなか保育園になじめず苦労したみたいです。せっかくフランス語にも慣れた頃に日本に長期に一時帰国する事になり、日本にいる間にも息子をフランス語にふれさせたいと思い受講を始めました。

 

マルタン式フランス語講座を受講した感想をお願いします。

もともと、私も主人もマルタン先生の生徒ですので、先生のお人柄やわかりやすい発音のご指導などは知っており、安心して息子のレッスンも始められました。

息子は受講を始めたのが2才半頃なので、はじめはきちんと座っていられるかな?と不安でしたが年齢や子供の興味に合わせて、絵本や数字ブロック、息子が大好きな車や動物などを使ってフランス語をおしえてくださるので、息子は“今日もマルタン先生のところにいく”と言いだすほどレッスンが楽しいようです。

 

フランス語を同じように学んでいる受講生の皆さんへ、アドバイスや良い勉強法を聞かせて下さい。

小さい頃から、母国語以外の言語にふれると発音や音の聞き分ける力などの身に付き方が大きくなってから言語を始めるのとでは違う様です。

ビデオやテレビを通してフランス語にレッスン以外でもふれる事もとても重要と感じていますが、母国語の習得が親と子供のやり取りから形成されるように、やはり面と向かってコミュニケーションをとりながら楽しくフランス語にふれる事が小さい子が言語習得をする一番重要な点と感じています。たくさん簡単で、質の良いフランス語を聞く事が大切だと思います。

 

マルタン先生や教室に、ご意見・ご要望などありましたらお願いします。

いつも楽しいレッスンをありがとうございます。

 

覚えの早い小さいお子さんだからこそ環境の変化で混乱させたくないですね。楽しんで学んでくれている姿はとても可愛いです!お答え頂きありがとうございました。