受講生からのメッセージ(14) ★フランスの空気感、雰囲気に魅せられて

今回はフランスの音楽アカデミーで学ぶことになった和田さんにインタビューしました。

 

フランス語を習い始めた(または習い続けている)理由は何ですか?

私はピアニストとして、作曲家シリーズのリサイタルを行っています。第三回の今年はフランスの作曲家ラヴェルの生誕140周年を記念としてのコンサートのために勉強しています。ラヴェルのことをより深く知るため、昨年初めてフランスを訪れました。

パリやラヴェルが晩年過ごしたモンフォール・ラモリの家、ジヴェルニーのモネの家なども行き、フランスの空気感、雰囲気などに不思議な魅力を感じました。再度フランスに行きたいという強い願いが叶い、パリでのコンクールに出場する機会や、来年は南フランスでの音楽アカデミーでの勉強の機会にも恵まれました。

フランスとの縁を感じ、少しでもフランス語を理解したり話したいと思い、フランス語の勉強も始めました。

 

マルタン式フランス語講座を受講した感想をお願いします。

フランス語は音から出来ているということで、とにかく発音の細かいところまでを丁寧に教えて下さる事です。講座のその時間だけでなく、家でも復習出来るような録音の工夫もあり、素晴らしいと思いました。とにかく徹底的に基礎を教えて下さる所です。

 

フランス語を同じように学んでいる受講生の皆さんへ、アドバイスや良い勉強法を聞かせて下さい。

とにかく、たくさん正しい発音を聞くことが大切だと思います。毎日5分でも聞く時間を作れるように私も心がけています。 単語など覚えることがたくさんあります。特に女性名詞、男性名詞など日本語にはないプラスαを覚えなくてはならないので、私は女性名詞は赤い線で囲んだり、男性名詞は青い線で囲んだりして、書いて覚えるようにしています。

 

マルタン先生や教室に、ご意見・ご要望などありましたらお願いします。

マルタン先生のところで習っている良いところとして、先生が最初にレッスンに行った時、『フランス語は、習いたいと思ったら、歳は関係なく、何歳でも出来ます!100歳でも大丈夫』と言ってくださったことがとても印象的で、マルタン先生の積極的な姿勢で難しいフランス語を頑張って習っていこうと思いました。

 

和田さん丁寧にお答えいただきありがとうございました。フランスアカデミーでの日々が素敵なものとなりますように。